top

Hawaii’s Sen. Brian Schatz recently introduced legislation in the U.S. Senate that would restore honor to service members who – under Don’t Ask, Don’t Tell – received dishonorable or other-than-honorable discharges.
The bill – S 1956: Restore Honor to Service Members Act – was co-sponsored by Sen. Kirsten Gillibrand (D-NY) and Sen. Mark Udall (D-CO). Sen. Mazie Hirono is also a sponsor.

Our Mission…

Lisa Grove of Grove Insight with Equality Hawaii Foundation members at the Messaging For Marriage seminar at the Japanese Cultural Center of Hawaii in November of 2011. This was just one of the educational forums produced by Equality Hawaii Foundation.
Equality Hawaii Foundation is a 501(c)(3) non-profit organization dedicated to securing equality for Hawaii’s lesbian, gay, bisexual & transgender community.
Our Vision…
Equality Hawaii Foundation envisions a Hawaii in which lesbian, gay, bisexual and transgender people and their families can live full, productive lives.
Our Purpose…
To achieve its mission and realize this vision, Equality Hawaii Foundation nurtures opportunities for education and discussion on issues facing the LGBT community and vehicles from which to empower LGBT people and their allies.

Our Mission…
Equality Hawaii is a is a 501(c)(4) non-profit organization dedicated to securing equality for Hawaii’s lesbian, gay, bisexual & transgender community.
Our Vision…
Equality Hawaii envisions a Hawaii in which lesbian, gay, bisexual and transgender people and their families have equality in every aspect of life.
Our Purpose…
To achieve its mission and realize this vision, Equality Hawaii nurtures opportunities for advocacy and legislative education on issues facing the LGBT community and vehicles from which to empower LGBT people and their allies.

Originally named Family Equality Foundation, Equality Hawaii Foundation (EHF) was established Oct. 27, 2009, to produce educational programming in the community.

While its 501(c)(3) application was on file with the Internal Revenue Service (IRS), EHF was fiscally sponsored by Equality Federation Institute, a national alliance of state-based lesbian, gay, bisexual and transgender advocacy organizations, so that Hawaii could immediately pursue grant funding. EHF received its official designation from the IRS June 5, 2011.

EHF’s biggest achievement, of course, was the educational programming that created understanding in Hawaii toward marriage and civil unions. Since its inception, EHF has secured nearly $400,000 in grant awards and produced numerous educational forums and programs to educate the community at large on LGBT people and the issues affecting them. EHF programs and actions remain true to the organization’s core philosophy that the only way to change hearts and minds is to create opportunities for open discussion.

One of EHF’s first projects was Hawaii Family Portraits, an award-wining exhibit still traveling the state that shares the stories of LGBT families in Hawaii. The project has now exhibited in almost 30 diverse venues and has been seen by nearly 100,000 people.

Currently collaborating with partners to establish an Web-based anti-bullying awareness and resource tool for students, parents and educators.
• Jumpstarted the marriage conversation in Dec. 2012 by hosting a talk story with Evan Wolfson, the “godfather” of marriage equality and founder of Freedom to Marry, a lead advocate nationally for marriage equality. Wolfson was one of the attorneys that worked on Hawaii’s Baehr v Lewin case in 1993.
• Worked with partners to produce radio spots on the importance of marriage. Listen to the spot >>
• Since our education efforts began, acceptance of marriage equality has increased in double digits, based on polling conducted between 2007 and 2013.
• Assisted in bringing the “Working with LGBT Youth” training hosted by Family Programs Hawaii and Human Rights Campaign’s All Children – All Families, an initiative by Human Rights Campaign to enhance LGBT cultural competence among child welfare professionals and educate LGBT people about opportunities to become foster or adoptive parents to waiting children.
• Continues to bring real-life stories of LGBT families to the state through Hawaii Family Portraits, a traveling photo exhibit. This unique project has exhibited in more than 34 venues, resulting in more than 431 days of exposure with nearly 100,000 viewers on Oahu, Kauai, Hawaii and Maui. More Details >>
• Served on the team that produced Creating A Safety-Net For LGBT Youth conference that attracted more 190 attendees. More Details >>
• Helped release ACLU’s announcement of the new Gender Designation Form for changing gender markers on driver’s licenses and Hawaii state IDs. More Details >>
• Produced with Lambda Legal and ACLU of Hawaii a guide to civil unions. More Details >>
• Produced on on-line listing of civil union officiants on all major islands. More Details >>
• Secured nearly $200,000 from local and national funders for education projects.
• Hosted an educational program Messaging For Marriage with Lisa Grove of Grove Insight and Adam Bass of GLAAD to help allied organizations and advocates better position our community for pivoting the discussion from civil unions and marriage.
• Marched and/or staffed booths at Pride events, the MLK Day Unity Festival, the Honolulu Gay & Lesbian Film Festival and other large-volume events throughout the state.
• Sponsored the Department of Education’s 2011 and 2012 school calendars, which had an anti-bullying theme in 2011 and a “respecting diversity” theme in 2012. The 11,000 calendars were distributed both years to all classrooms and administrative offices throughout Hawaii’s public schools. See the 2011 elementary calendar >> or See the 2011 high school calendar >>
• Co-hosted with the University of Hawaii’s College of Arts & Humanities, UH Richardson Law School and The Interfaith Alliance the panel Courting Equality featuring perspectives from leaders in the social justice, legal, faith and literary communities. See The Video >>
• Co-produced with the UH LAMBDA Law Student Association a talk with Frederick Herta, author of the book Making It Legal: Same Sex Marriage, Domestic Partnerships & Civil Unions. More Details >>

性病検査キット 即日

性病検査キットで即日配送に対応しているのは宅配ドクターです。

土日・祝日を除けば、16:30までの注文は即日出荷するようです。

性病検査キット 販売

病院の検査だと、待ち時間が長い他、検査の日と検査結果の通知の日と2回足を運ばないといけませんが、検査キットだと時間や場所を選びません。

妊娠と性感染症

性的感染を感染させられた妊娠は出産や子供に影響を与える。

性感染症(STD)は感染したパートナーと性器、口腔、または肛門性交により感染する細菌性またはウイルス性疾患を指します。

性感染症は、妊婦と赤ちゃんのための深刻な影響を健康へ与えます。

セックスは、これらの感染症以外にB型肝炎ウイルスに感染する可能性も有ります。

汚染された注射針や他の鋭利な器具、感染者の血液や皮膚潰瘍との接触、歯ブラシやカミソリのような家庭用品を共有することでも感染します。

いくつかの感染症は、胎盤を通じて赤ちゃんに母子感染させる、新生児感染症は、非常に深刻であることがあり長期的、不可逆的な健康問題を起こします。

一部の性感染症は、流産、早産、子宮感染、および死産を招きます。

一般的な性感染症には、クラミジア、性器ヘルペス、淋病、B型肝炎、HIV /エイズ、HPV、梅毒、トリコモナス症があります。

性感染症の検査

検査は妊娠中の性感染症を検出し、処理するために非常に重要で、産婦人科の医師は初診でこれらの感染症の多くを検査します。

例えば、過去に病歴があるか、あなたやあなたの配偶者が複数のセックスパートナーを持っているか、これまでの性感染症について聞く場合がります。

リスクが高い場合は、あなたやあなたのパートナーが性感染症の症状を有している場合、妊娠後​​期、または再検査をする場合があります。

妊婦がHIV、HBV、梅毒、クラミジアの検査をすることが望まれ、なぜなら、リスクの高くない方でも、いくつかの性感染症は、症状のない潜伏期間があり、あなたやあなたのパートナーが知らないうちに感染している可能があるからです。

危険因子を有する場合に女性が、淋病およびC型肝炎についても検査をすると良いとされます。

妊娠中に、STDにさらされたり、パートナーに異常な症状がある場合は、再検査することができるようにすると良いでしょう。

STDを持っている場合は、リスクおよび治療の選択肢について慎重に選択する必要があります。

STDの予防


STDを避けるための唯一の確実な方法は、完全に(膣、口、そして肛門性交を含む)セックスを控えること、若しくは健康証明書を持っているパートナーとのセックスをすることです。

そのような状況でない場合は、一夫一婦制であると信じるのパートナーを含め、STDの症状を持っている人とセックスしてはいけません。

あなたのパートナーが他の人とセックス関係にある場合やHIVの薬を使用して疑いがある場合は、セックスやオーラルセックスをするたびに、コンドームを使用してください。

絶対必要と言う事はありませんが、まあ、やらないよりかはやった方がといったところです。

コンドームは、避妊以外にも性感染症の伝播のリスクを減らすことができます。

未治療の性病がある場合は、HIVのように、他者への感染リスクを高める可能性があることに注意してください。

いくつかの例外を除いて、性病の治療を受けているのなら、パートナーも治療する必要があり、治療が完了し、無症状になるまでがセックスをしてはいけません。

B型肝炎のキャリアである場合、B型肝炎ワクチンの予防接種を受け、妊娠中に取得しても安全です。

出産した後は、26歳以下なら、HPV、子宮頸がんを引き起こす可能性があり、ウイルスの4株に対して予防接種を受けると良いでしょう。

妊娠中の性感染症治療

しかるべき検査で病気を特定した後は治療がなされますが、

該当URL:性病検査キット・・・病院での検査だけではなく市販の性病検査キットによる検査も可能です。

治療は、性病によって異なり、抗生物質は、クラミジア、淋病、梅毒などの非ウイルス性感染症を治すことができ、妊娠中に使用しても安全である抗生物質がいくつかあります。

性感染症の拡散の防止

基本的な伝播のリスクを軽減し、すべての性感染症に適用広がりに関して原則。

完全なセキュリティが見知らぬ人にだけ節制提供および(または)は、2つの非感染者の相互忠実な関係(あなただけのセックスを持っている健康的なパートナーとのセックスを持っている場合)。

以前の性的関係や関係の中で感染した可能性について疑義がある場合は、感染症や治療の早期発見のために医者に行く必要があります。

効果的な性感染症に対する保護、および望まない妊娠に対して、定期的にコンドームの使用を提供します。

セキュリティ保護コンドームは、その品質と適切な用途に依存します。

使用前に乾燥した涼しい場所に保存した殺精子剤避妊薬でコーティングされた最も安全な保護ラテックスコンドームを提供します。

これは、パケットの使用に述べた期限までに、正確に付属の説明書を使用しています。

ヘルペスとHIVのようなウイルス感染症は、抗生物質に反応しないため、ヘルペスを治すことはできませんが、分娩開始時に感染を最小限にするために、抗ウイルス薬を処方することがあります。

HIV陽性のしている場合は、可能な限り健康的を保つためにして、赤ちゃんの感染するリスクを軽減するために抗レトロウイルス薬の組み合わせを取る必要があります。

淋病とは何ですか?

淋病は、生物によって引き起こされる細菌感染症である。

性的接触によって送信される、淋菌として知られています。

淋病は、最古の性病の一つです。100万人以上の女性が現在淋病に感染していると推定されています。

感染している女性のうち、かなりの割合も、クラミジアで別のSTDを引き起こす細菌の別の型に感染されます。(クラミジア感染は、この資料で後述します。)

人気の信念に反して、淋病はトイレの便座やドアハンドルから送信することはできません。

淋病の原因となる細菌は、成長と再生のための非常に特定の条件が必要です。

それは数分より長く体の外に住むことができない、またそれは、手、腕、または足の皮膚に生きることができます。

これは、より一般的には、子宮頸部の体内の湿った表面にのみ存続し、膣の中で最も一般的に見出され、そして(子宮頸部は膣内に突出子宮の終わりである。)

また、膀胱からの尿のドレインを介して管(尿道)に住むことができます。

淋病はまた、(経口性器の接触から)のどの奥に直腸内に存在することができます。

淋病の症状

感染した女性の大半は、特に感染の初期段階では、症状がありません。女性が経験する徴候や症状淋病を行う。

未処理の場合、淋病は卵管と卵巣の炎症を伴う重度の骨盤感染症につながることができます。

淋病はまた、淋菌引き起こすために関節を感染させるために体を介して広がることができる関節炎を卵管の淋菌感染症は、骨盤内炎症性疾患またはPIDとして知られている骨盤の重篤な、痛みを伴う感染症につながることができます。

PIDは、子宮頸部の淋菌感染症の女性のかなりの部分で発生します。

骨盤感染症の症状は性交と発熱、骨盤痙攣、腹痛、または痛みが含まれます。骨盤感染があっても妊娠しているか不稔になることに難しさにつながることができます。

感染が十分に深刻である場合には時折、感染および膿(膿瘍)の形の局所領域、および主要な手術が必要とさえ救命することができます。

AIDSなどの深刻な異常な免疫機能を、引き起こす状態を持つ人々で淋病感染は,,また、より深刻なことができます。

どのようにSTDの広がりを防ぐことができますか?

他の人にSTDを与えないようにするには:

あなたが医者に会い、治療されるまでセックスをやめてください。

治療のための医師の指示に従ってください。

セックスをしているときはいつでも、特に新しいパートナーと一緒にコンドームを使用してください。

あなたの医者がそれがOKだと言わない限り、性交を再開しないでください。

医師に再検査を依頼してください。

あなたのセックスパートナーまたはパートナーも治療されていることを確認してください。

協議会や行動のアプローチ

行動介入やカウンセリングは、性感染症(HIVを含む)と、望まない妊娠の一次予防を確保するために役立ちます。これらは、次のとおりです。

HIVを含む性感染症のスクリーニングの前と後の包括的性教育やアドバイス、。
安全なセックス/リスク低減、およびコンドーム使用の促進に関するアドバイス。
こうした青年、セックスワーカー、男性とセックスを持っており、薬物使用者を注入し、男性として脆弱で最も影響を受けたターゲットの介入; と
青少年のニーズに合わせた教育アクションとアドバイス。
また、カウンセリングは、性感染症の症状を認識し、それらが参照するか、そうするの性的パートナーを奨励する可能性を高めるために、人々の能力を向上させることができます。残念ながら、不備や医療従事者の訓練だけでなく、性感染症の頻繁な烙印の国民の意識が長いオブジェクトされている、普及と効果的な介入への障害となっています。